MENU

キャッシングとローン利用の関係

アコムに限らず消費者金融のキャッシングは、困ったときに素早くお金が借りられる便利なサービスとなりますが、利用におけるデメリットについても知っておかなければなりません。

 

借りたお金が返済できなくなれば信用情報機関に事故情報が残ることとなり、信用情報に事故情報が記録されていると新たにカードが作れない、保証会社が絡む賃貸マンション契約ができなくなる可能性など、様々な問題が発生します。

 

その他、キャッシングの利用は今後のローンの審査にもいくらか影響を与える可能性があります。近いうちに住宅ローンなどの大きな金額のローン利用を考えている方は、キャッシングでの借り入れは慎重になった方が良いでしょう。

 

キャッシング利用中は注意が必要

消費者金融からのキャッシングを利用している状態、つまり借り入れの残高がある状態での住宅ローンの審査は、やはりいくらか影響が出るとされています。

 

住宅ローンはキャッシングとは異なり非常に大きな金額を借りる契約となるため、審査を行う側もしっかりと返済能力を確認します。他からの借り入れがあればその分だけ返済にリスクが生じてしまうため、キャッシング利用中は住宅ローン審査に通らない可能性があります。

 

住宅ローンに限らず、たとえ正常な返済をしているとしても、大きな金額を借りるローン審査の際には影響が出ないとも言えません。

 

完済後であれば問題ない

キャッシングを一度でも利用をすると、今後の住宅ローンやマイカーローンの審査に通らなくなるなどと言われることもあります。たしかにキャッシング利用の履歴は一定期間に渡って信用情報機関に残りますが、一度利用をしたからといって住宅ローンが組めなくなるわけではありません。

 

仮に一度でもキャッシングを利用していて住宅ローンが借りられないとすれば、非常に多くの方が住宅ローンを組めなくなってしまいます。クレジットカードでの借り入れも含めればキャッシング利用者は決して少なくないので、一度でも借りればローンが組めないといった考えは正しくはありません。

 

上にも書いたように借りている状態ではローン審査も厳しくなりますが、しっかりとトラブルなく返済ができており、完済がされている状況であればそこまで問題はないのです。