MENU

信用情報の状態には気をつける

キャッシングを利用するために必ず必要となるのが、審査です。各サービスで基準は異なりますが、審査に通過をして契約をしないとキャッシングの利用はできません。

 

審査に通るためには収入や他社の借り入れ状況など様々な点が見られますが、中でも重要となるのが信用情報機関に記録がされている情報です。

 

現在は正規の消費者金融で借りる際には信用情報機関での情報共有がされるため、何か問題がある、信用情報の状態が良くないとなると審査に通らなくなってしまうのです。

 

信用情報機関に記録される内容

信用情報機関では他社の借り入れや返済の状況など、様々な情報が記録されています。信用情報機関のひとつであるCICの場合には、申し込みをした際の情報照会履歴も半年間は残っているため、何社も申し込みをしている方は審査の際にばれてしまいます。

 

過去の返済に関するトラブルに関しても記録がされており、例えば長期間に渡って返済が遅れてしまったことがあるといった方は、返済の長期滞納を示す「異動」とされる記載がされます。

 

異動は審査では非常に大きなネガティブ情報となり、いわば「ブラック」として扱われてしまいます。異動の記録が消える完済から5年を超えない期間は、アコムのような大手の消費者金融では借り入れが難しくなってしまいます。

 

信用情報の状態を良好に保つ

キャッシングの利用に限らず、生活に関する様々な面で何かと関係をしてくる信用情報は、できることなら良好にクリーンに保っておきたいものです。ネガティブな情報が記録されてしまったり、状態が悪化するとキャッシングやクレジットカードの審査にも悪影響を与えます。

 

信用情報の状態を良好に保つには、単純に借りすぎないようにする、借りたとしても返済はしっかりと行えば良いだけです。何も難しく考える必要は無く、キャッシングやクレジットカードの利用をしたとしても、しっかりと期日通りに返済を進めれば良いのです。